遊佐研究室

電気通信大学大学院情報理工学研究科機械知能システム学専攻
電気通信大学情報理工学域Ⅲ類(理工系)

概要

遊佐研究室は 2019 年 10 月に誕生したばかりの研究室です。研究分野は計算力学(日本機械学会計算力学部門日本計算力学連合)、計算工学(日本計算工学会)、シミュレーション(日本シミュレーション学会)などです。研究室の運営については増田研究室と協力しています。実験室(東 4 号館 531 号室、125 号室)を共用しており、また、飲み会などのイベントを一緒に行っています。

ラボサーチの研究室紹介

機械の設計・製造から破壊までの力学シミュレーション

機械の設計・製造から破壊に至るまでの様々な力学現象のシミュレーションを研究しています。特に、多数の孔を有する構造や複合材料から成る構造の応力解析、溶接過程や発電プラントの高温環境下の力学挙動の解析、亀裂と破壊の解析などを実施しています。また、これらの力学シミュレーションを支える新たな計算手法、アルゴリズム、ソフトウェアの開発に取り組んでいます。

キーワード:固体力学、計算力学、計算機支援工学
分野:機械工学

遊佐研究室紹介

研究業績

査読付きジャーナル論文

その他の研究業績

査読付き講演論文、学会誌等記事、国際・国内会議発表などのリストは電気通信大学教員情報に掲載されています。